お酢を美味しく頂く方法と健康効果について

お酢というと、色んな種類のお酢が昨今では流通しています。ただ、そのまま摂取するのは難しいものです。私はお酢としょうゆをまぜてドレッシングにしています。大幅にオイルカットが出来てカロリーオフとなります。きゅうり、たこ、酢、砂糖を混ぜれば即席のマリネになります。

他に日常生活で簡単にお酢を取り入れられるレシピを紹介します。

まず、だしの素と酢と砂糖をジップロックに入れて中にきゅうりや人参や大根を入れてしばらくもんで冷蔵庫で寝かせると、簡単に浅漬けが出来ます。

また、酢と砂糖をご飯の中に混ぜて酢飯を作りおいなりさんに。

ザクロのお酢やリンゴ酢などフルーツの風味がついたお酢は、牛乳と混ぜると少しとろみがついたシェイクのような食感になり、お子様からお年寄りまで幅広い年代にも飲みやすくなるとおもいます。

次は、お酢がもたらす健康効果についてです。

まずひとつ目が疲労回復効果です。
お酢には疲労物質である乳酸を分解する働きがあります。

また、人間の体はグリコーゲンという成分で生成されています。この成分が消費されることで疲労感が生まれてきます。
お酢はこのグリコーゲンの分泌を助ける働きがあるので疲れた時にお酢を摂取することによって疲労回復効果があります。
このグリコーゲンの分泌を助けるのは主に酢酸です。
またクエン酸はエネルギーの元となるので、疲労回復には欠かせない成分です。
疲れると酸っぱいものが食べたくなるのはそのせいなのです。

二つ目がダイエット効果です。

お酢の主成分酢酸、クエン酸による働きで、1日大さじ2から3杯を摂取するとダイエットに効果的と言われています。
ただ、お酢を飲むだけではダイエットに直結するかというとそうでもありません。
有酸素運動とくみあわせることにより、クエン酸サイクルというものがまわります。
クエン酸サイクルを回すには酸素が必要不可欠となります。
なのでお酢を摂取した後に有酸素運動をするとクエン酸サイクルが体中を回り効果的なのです。

また、お酢ダイエットの効果を上げるには酵素や各種栄養素も必要です。

PR|童話|内職 アルバイト|四季の童話集|お小遣いNET|マッサージのリアル口コミ.com|女性向けエステ.com|貯蓄|健康マニアによる無病ライフ|工務店向け集客ノウハウ|英語上達の秘訣|ショッピングカート|家計見直しクラブ|お家の見直ししま専科|カラスの童話|クレジットカードの即日発行じゃけん|生命保険の口コミ.COM|